コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本自然保護協会 にほんしぜんほごきょうかいNature Conservation Society in Japan

2件 の用語解説(日本自然保護協会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本自然保護協会
にほんしぜんほごきょうかい
Nature Conservation Society in Japan

日本の自然保護運動の草分け的存在。 1949年当時の尾瀬ヶ原水力発電計画に端を発して結成された尾瀬保存期成同盟を母体に,51年同協会に改組,現在に至る。自然林の保全,野性動植物の保護をはじめ広範な自然保護運動を展開する一方,近年では空港建設問題を抱える石垣島サンゴ礁の保護や長良川河口堰 (ぜき) の建設反対運動にもかかわり,特に長野冬季オリンピック招致に絡む志賀高原裏岩菅山の滑降コース新設問題では,世界自然保護基金日本委員会とともに自然保護の世論を喚起し,ついに開発を断念させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本自然保護協会
にほんしぜんほごきょうかい

全日本的な規模で自然保護運動を進めるための公益財団法人組織。1949年(昭和24)尾瀬ヶ原の水力発電計画が実現されそうになったとき、民間有志で尾瀬保存期成同盟が結成され、計画阻止に成果をあげた。1951年阿寒(あかん)国立公園の雌阿寒岳頂上の硫黄(いおう)採掘が問題になり、全国的な自然保護運動の必要が痛感され、期成同盟を自然保護協会に改組し、全国的な運動を進めることになった。同協会は、日本の自然を守ることを目的としている。それは単に生物の種類が多いというだけではなく、人間の生活にも必要な自然の恵みを将来にわたって享受できるという豊かさを守ることである。そのために、国土の自然を研究して、その景観上の価値を解明し、国民の自然的環境・生物社会・自然資源の保存など広く自然保護に努めるとともに、国民の認識を深めて、国家諸般の施策に寄与することを運動の目的としている。[加瀬信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

日本自然保護協会の関連キーワード633美の里いの(町)吾北自民党総裁選愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場ホスピスアジア太平洋インポートマート(AIM)モナクカバキチ契約金の最高標準額

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本自然保護協会の関連情報