コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長良川河口堰 ながらがわかこうぜき

3件 の用語解説(長良川河口堰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長良川河口堰
ながらがわかこうぜき

三重県北部,長良川下流に設置された可動堰。全長 661m。河口から約 5.4km上流地点に位置する。水資源開発公団 (現水資源機構) が 1988年着工,1995年運用開始。海水の逆流を防ぎ,ためた水を愛知・三重両県と名古屋市の工業・上水道用水として取水するのが目的。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長良川河口堰

国が計画し、水資源開発公団(現・水資源機構)が総事業費1500億円で建設。長良川の河口から5・4キロ上流に堰(せき)を設け、海水流入を防ぐ一方、洪水対策で堰上流を浚渫(しゅんせつ)した。上流を淡水化し、毎秒最大22・5立方メートルを取水する計画だったが、水需要が伸びず利用は一部にとどまる。アユの漁獲量は1993年以降激減したが、全国的にアユの冷水病が流行した影響なども指摘される。

(2015-06-30 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長良川河口堰
ながらがわかこうぜき

岐阜県郡上(ぐじょう)市高鷲(たかす)町から濃尾平野を貫流して三重県桑名市長島町で伊勢湾に注ぐ長良川(全長約160キロメートル)の河口から5.4キロメートルの地点(左岸は三重県桑名市長島町、右岸は同市福島)に、1988年(昭和63)7月に着工された堰。総工費約1500億円。1968年(昭和43)に閣議決定された当初の計画では、利水を目的としていたが、その後の水需要の実状とはあわなくなったため、当局側は目的を治水に変更し、着工した。長良川は本流にダムのないまれな川のひとつであり、自然度が高くサツキマスなど貴重な生物が遡上(そじょう)、生息するため、自然保護の見地から、堰建設の反対運動が強まった。また、堰建設に反対、あるいは消極的な姿勢の地元住民も少なくなかったが、建設省(現、国土交通省)と水資源開発公団(現、水資源機構)は工事を続行、当時の首相細川護熙(もりひろ)も1993年(平成5)11月、参議院環境特別委員会で「工事中止の考えはない」と述べた。1994年12月、当時の建設相野坂浩賢が反対派、推進派の市民代表・建設当局などによる円卓会議を提唱、翌1995年3月から8回にわたり実現したが、話し合いは平行線のまま、同建設相は1995年3月末に完成した堰の「5月23日からの本格運用(稼動)」を宣言、7月堰を閉鎖し、運用を開始した。その後、マウンド(長良川の河口から15キロメートル付近にあった上下流に比べて河床の高い部分)の浚渫(しゅんせつ)が行われ(1997年7月完了)、1998年4月より知多半島地域および三重県中勢地域への給水が開始された。[永戸豊野]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長良川河口堰の関連キーワード長良川可動堰菰野年金特別会計奥長良川の秘水行徳可動堰三重県三重郡朝日町三重県桑名郡木曽岬町三重県北牟婁郡三重県三重郡菰野町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長良川河口堰の関連情報