日根野弘就(読み)ひねの ひろなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日根野弘就 ひねの-ひろなり

?-1602 戦国-織豊時代の武将。
斎藤道三,織田信長,豊臣秀吉につかえた。天正(てんしょう)12年(1584)小牧・長久手(ながくて)の戦いに弟重之(しげゆき)とともにくわわり,徳川家康方の小牧山城に対する二重堀をまもったたが,攻められて撤退。のち高野山で出家し,空石と号した。慶長7年5月28日死去。美濃(みの)(岐阜県)出身。通称は五郎左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android