コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比谷図書館

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日比谷図書館

東京市立初の図書館として、1908(明治41)年に日比谷公園の現在と同じ場所で開館。43(昭和18)年の都制施行にともない、都立の中央図書館になる。空襲で焼失したが、57(昭和32)年に三角形新館が開館。その後、都立中央図書館が港区に開館したため、新刊図書の貸し出しや新聞雑誌の閲覧を中心とする図書館に衣替え。閉鎖の危機があったが、千代田区に移管され、昨年、区立日比谷図書文化館としてリニューアルした。

(2012-10-07 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日比谷図書館【ひびやとしょかん】

東京都立図書館。日比谷公園内にあり,1908年創立。1945年空襲で焼失したが,1957年再建。1973年東京都立中央図書館開設に伴い,近世江戸関係資料,加賀文庫,諸橋文庫,実藤文庫など20万点が中央図書館に移管された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひびやとしょかん【日比谷図書館】

東京都千代田区日比谷公園内にある都立日比谷図書館の通称。1908年,当時の東京市長尾崎行雄が市民文化の向上をめざして創設。第2次大戦中の45年5月,空襲によって蔵書約20万冊を焼失した。戦後57年に同地に新館を建設,つづいて61年に増改築を行い,三角形のモダンな図書館として生まれ変わった。さらに,73年東京都立中央図書館の開設に伴い,組織ならびに施設に変動があり,施設としては人文科学,社会・自然科学,新聞雑誌,児童資料,子ども,視聴覚の各室のほか,閲覧室(約300席),催物のための小講堂が完備されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日比谷図書館
ひびやとしょかん

日比谷図書文化館」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の日比谷図書館の言及

【東京都立中央図書館】より

…サービス上の特色としては科学分野別(社会,人文,自然)に主題室制を採用し調査研究の便をはかっているほか,新聞雑誌室,視聴覚資料,総合的な参考調査のための一般参考室,および郷土史料や行政資料を集めた東京室を設けている。特別コレクションとしては,日比谷図書館から移管された江戸関係資料(錦絵,絵図類など)や加賀文庫,諸橋文庫,実藤(さねとう)文庫など約25万点がある。また都内の公共図書館へのバックアップ事業として,〈協力車〉を運行させ,図書の配送貸出しを行っている。…

※「日比谷図書館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日比谷図書館の関連キーワード千代田区立日比谷図書文化館対面朗読サービス布川 角左衛門東京都立図書館坪谷 善四郎今沢 慈海三橋 四郎中田 邦造水平 三治竹貫 佳水坪谷善四郎土岐善麿三橋四郎杉 捷夫中田邦造今沢慈海杉捷夫

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日比谷図書館の関連情報