コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日潮 にっちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日潮 にっちょう

1675*-1748 江戸時代中期の僧。
延宝2年12月18日生まれ。日蓮宗。山城(京都府)松ケ崎,下総(しもうさ)飯高(千葉県)の檀林(だんりん)でまなぶ。陸奥(むつ)仙台の孝勝寺23世,飯高檀林化主(けしゅ)をへて,元文元年身延山久遠寺36世となる。多数の門弟を擁し,一大学系を形成した。寛延元年9月20日死去。75歳。京都出身。字(あざな)は海音。号は六牙院。著作に「本化別頭(ほんけべっとう)仏祖統記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日潮

没年:寛延1.9.20(1748.10.12)
生年延宝2(1674)
江戸前・中期の日蓮宗の僧。身延山久遠寺36世。直弟10人,門下100人といわれる多数の弟子を育てた。その著『本化別頭仏祖統紀』は日蓮,六老僧をはじめとする日蓮宗諸師の伝記を集成したもの。

(佐藤弘夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

日潮 (にっちょう)

生年月日:1674年12月18日
江戸時代中期の日蓮宗の僧
1748年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

日潮の関連キーワード諫早湾干拓事業太陰長円潮1日2回潮大気潮汐論大気潮汐天文対話日潮不等生年月日日貞尼日玉尼日仏尼日義尼回帰潮日証尼分点潮日如尼日了尼妙尭尼没年潮汐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日潮の関連情報