コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日潮 にっちょう

2件 の用語解説(日潮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日潮 にっちょう

1675*-1748 江戸時代中期の僧。
延宝2年12月18日生まれ。日蓮宗山城(京都府)松ケ崎,下総(しもうさ)飯高(千葉県)の檀林(だんりん)でまなぶ。陸奥(むつ)仙台の孝勝寺23世,飯高檀林の化主(けしゅ)をへて,元文元年身延山久遠寺36世となる。多数の門弟を擁し,一大学系を形成した。寛延元年9月20日死去。75歳。京都出身。字(あざな)は海音。号は六牙院。著作に「本化別頭(ほんけべっとう)仏祖統記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日潮

没年:寛延1.9.20(1748.10.12)
生年:延宝2(1674)
江戸前・中期の日蓮宗の僧。身延山久遠寺36世。直弟10人,門下100人といわれる多数の弟子を育てた。その著『本化別頭仏祖統紀』は日蓮,六老僧をはじめとする日蓮宗諸師の伝記を集成したもの。

(佐藤弘夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日潮の関連キーワード実聞東湖秋保盛弁一色芳桂上田光秋尭州大珍彭僊鷹見周吉中島貞至弄幻子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone