コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日独機関車論 にちどくきかんしゃろんJapan-Germany Locomotive Theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日独機関車論
にちどくきかんしゃろん
Japan-Germany Locomotive Theory

1978年のボンサミット当時に盛んに唱えられた論議で,世界経済が停滞しているときに,日本とドイツ (当時は西ドイツ) が景気を拡大させて世界経済のリード役となるべきであるという考え方。日本とドイツが機関車となって他の客車 (国々) を引張るということからきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日独機関車論の関連キーワード[各個指定]芸能部門平岩弓枝[各個指定]工芸技術部門サーカス大場久美子岩合光昭北村太郎コモロ佐々木崑高橋悠治

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

日独機関車論の関連情報