日産生命保険[相互会社](読み)にっさんせいめいほけん

百科事典マイペディアの解説

日産生命保険[相互会社]【にっさんせいめいほけん】

戦後初の破綻生保。1909年太平生命保険(株)として設立。1940年日産コンツェルンの傘下に入り日産生命保険に改称するが,戦後相互会社として再発足し資本関係が断たれる。バブル期の拡大路線が行き詰まり,1997年4月大蔵省により業務停止命令を受け,清算(倒産)。債務超過額が〈保険契約者保護基金〉の上限を上回ったことから,処理策をめぐって紛糾し,保険行政の迷走ぶりを露呈した。契約は新会社・あおば生命(株)に包括移転されたが,一部保険金が減額され契約者に負担を強いる結果となった。生保への信頼が揺らぎ,経営危機をささやかれる中小生保の解約が相次ぐなど大きな影響を与えた。あおば生命は1999年11月,フランスの大手投資グループ,アルテミスの100%子会社となった。本社東京。→破綻金融機関
→関連項目ソルベンシー・マージン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の日産生命保険[相互会社]の言及

【保険業】より

…これらの動きは従来からの,いわゆる保護行政が終わったことを意味する。 上記のような環境変化の結果,1997年に大蔵省は日産生命保険相互会社に対し,戦後はじめての業務停止命令を出した。それに伴い,新保険業法に基づく契約者保護基金制度を利用する処理策が出されたが,この制度は98年末により広範な破綻処理策である保険契約者保護機構に変わる。この機構は,生命保険と損害保険で別個につくられる保険業法で定められた法人で,保険会社の破綻に伴い保険契約の移転などの円滑な実施のため,救済保険会社に資金援助を行うほか,救済会社が現れる見込みのない場合においては,自ら破綻保険会社に係る保険契約の移転を受け,保険契約の管理および処分を行うことなどにより,保険契約者の保護を図るものである。…

※「日産生命保険[相互会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android