コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マージン まーじん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マージン

ワープロなどで、用紙の上下左右の端に設定する余白。また、段間の余白などの意味でも使われる。印刷設定やマージン設定機能で設定することが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マージン(margin)

原価と売値との差額。利ざや。
委託証拠金
ページの欄外。余白。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

DBM用語辞典の解説

マージン【margin】

売価格から仕入原価製造原価)を差し引いたもの。利幅利ざやの意味。マージンは利幅といってもこの中には得るべき利益のほか、販売に要する人件費、運搬費、倉庫費、営業費、販売促進費、一般管理費保険料借入金の金利までが含まれる。一定期間における仕入原価と売価との差は、グロス・マージンで売上総利益のこと。売上総利益から販売費用と一般管理費を引いたものが営業利益となる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

マージン

販売手数料や利ざやのこと。 バックマージンというのは、メーカーや卸などが、商品を販売した後に価格を引き下げ、その差額分を代理店に返却すること。代理店から見れば、正規の手数料以外に、販売額に応じて上乗せされる手数料という意味合いが強い。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

マージン【margin】

売買によって生じる差額利益。売買差益。利ざや。 「二割の-を取る」
販売や委託に対する手数料。
取引で、証拠金。
本などでページの余白。欄外。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マージン
まーじん
margin

商取引用語としては、単に利幅もしくは利鞘(りざや)という意味で用いられることもあるが、もうすこし厳密には、売価と売上原価の差額すなわち売上総利益をさす。仕入原価に一定率のマージンをのせて売価を決定することを、値入れ(マークアップmark up)という。株式取引用語としては、委託保証金をいう。それは信用取引に際し、証券会社が顧客に株や資金を貸す保証として預かる金銭である。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マージンの関連キーワード生産者価格表示・購入者価格表示ソルベンシー・マージン基準ソルベンシー・マージン比率ファクトリー・アウトレットマス・マーチャンダイジングヘッドルーム<録音用語>イギリス連邦特恵関税制度日産生命保険[相互会社]プッシュ型マーケティングコモディティー・フロー法コモディティ・フロー法ディスカウント・ストアeマーケットプレイスドロップシッピング再販売価格維持契約売上高総利益率マージンコール支払い余力比率株主資本利益率コール・レート

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マージンの関連情報