コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マージン まーじん

6件 の用語解説(マージンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マージン

ワープロなどで、用紙の上下左右の端に設定する余白。また、段間の余白などの意味でも使われる。印刷設定やマージン設定機能で設定することが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

DBM用語辞典の解説

マージン【margin】

販売価格から仕入原価(製造原価)を差し引いたもの。利幅、利ざやの意味。マージンは利幅といってもこの中には得るべき利益のほか、販売に要する人件費、運搬費、倉庫費、営業費、販売促進費、一般管理費、保険料、借入金の金利までが含まれる。一定期間における仕入原価と売価との差は、グロス・マージンで売上総利益のこと。売上総利益から販売費用と一般管理費を引いたものが営業利益となる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
DBM用語辞典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

マージン

販売手数料や利ざやのこと。 バックマージンというのは、メーカーや卸などが、商品を販売した後に価格を引き下げ、その差額分を代理店に返却すること。代理店から見れば、正規の手数料以外に、販売額に応じて上乗せされる手数料という意味合いが強い。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

マージン【margin】

売買によって生じる差額利益。売買差益。利ざや。 「二割の-を取る」
販売や委託に対する手数料。
取引で、証拠金。
本などでページの余白。欄外。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マージン
まーじん
margin

商取引用語としては、単に利幅もしくは利鞘(りざや)という意味で用いられることもあるが、もうすこし厳密には、売価と売上原価の差額すなわち売上総利益をさす。仕入原価に一定率のマージンをのせて売価を決定することを、値入れ(マークアップmark up)という。株式取引用語としては、委託保証金をいう。それは信用取引に際し、証券会社が顧客に株や資金を貸す保証として預かる金銭である。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マージンの関連情報