コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日田永季 ひたの ながすえ

1件 の用語解説(日田永季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日田永季 ひたの-ながすえ

1056-1104 平安時代後期の豪族。
天喜(てんぎ)4年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)日田郡司。延久3年朝廷での相撲節(すまいのせち)に相撲人(すまいびと)として参加し優勝。この勝利を天神の加護とし,大肥(おおひの)荘に老松天満宮をつくり,木彫毘沙門天立像を永興寺に安置したという。長治(ちょうじ)元年7月18日死去。49歳。本姓は大蔵。通称は鬼太夫。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日田永季の関連キーワードハインリヒ[3世]菅原芳子マケドニア朝藤原顕季長治ネストルハインリヒ明覚安倍貞任

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone