コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日田永季 ひたの ながすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日田永季 ひたの-ながすえ

1056-1104 平安時代後期の豪族。
天喜(てんぎ)4年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)日田郡司。延久3年朝廷での相撲節(すまいのせち)に相撲人(すまいびと)として参加し優勝。この勝利を天神の加護とし,大肥(おおひの)荘に老松天満宮をつくり,木彫毘沙門天立像を永興寺に安置したという。長治(ちょうじ)元年7月18日死去。49歳。本姓は大蔵。通称は鬼太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日田永季の関連キーワード大蔵永季天喜豪族

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android