コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日田騒動 ひたそうどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日田騒動
ひたそうどう

1870年(明治3)11月に日田県(現大分県)日田・玖珠(くす)二郡で起こった一揆(いっき)。長州藩脱隊騒動の脱走浪士らによる日田県庁襲撃の策動にも影響されて、日田郡五馬(いつま)筋の農民は、畑方租税の増額反対などを要求して、17日に蜂起(ほうき)し、庄屋(しょうや)宅などを打毀(うちこわ)した。6000~7000人に膨れ上がった農民は、19日から20日にかけて、郷兵、藩兵と衝突しながら、日田の町を中心に牢屋(ろうや)、地役人、庄屋、富豪宅などを激しく打毀した。さらに玖珠郡でも約3000人が蜂起した。この間、打毀は280軒にも達した。しかし、21日には鎮静に向かいやがて終息した。処刑者は死罪4人を含め18人。一揆の影響は豊後(ぶんご)国(大分県)全域に及び、12月に入ると各地で一揆が続発した。この騒動は、直轄県で発生した一揆であり、しかも浪士らの反政府策動とも関連をもっていたことで、政府に衝撃を与えた。[近藤哲生]
『土屋喬雄・小野道雄編『明治初年農民騒擾録』(1953・勁草書房) ▽大久保利謙監修『明治維新と九州』(福岡ユネスコ協会編『九州文化論集3』所収・1973・平凡社) ▽日田市明治百年記念事業推進委員会編『天領であった日田市百年の歩み』(1968・日田市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日田騒動の関連キーワード土屋喬雄打毀

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android