コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日田市 ひた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日田〔市〕
ひた

大分県西部,筑後川上流の大山川流域に広がる市。西は福岡県に,南は熊本県に接する。 1940年市制。 1955年東有田村,小野村,大鶴村,夜明村,五和村の5村を編入。 2005年天瀬町,大山町,上津江村,中津江村,前津江村の2町3村を編入。市街地は三隈川と支流の花月川の合流点付近,日田盆地のほぼ中央部に開ける。江戸時代初めから天領日田の中心として発達。特に明和4 (1767) 年に日田代官が西国郡代となり,九州諸大名監察の任務を帯びるようになると,城下の御用商人たちはその権威のもとで大名貸しなどにより富を蓄積,日田は九州の金融の中心となった。市域南部一帯に日田杉,津江杉として知られる日本有数のスギの美林を控え,工業も林産加工が中心で,家具,下駄,建具などを特産。北部には小鹿田焼の窯元がある。農業は米作が行なわれるほか,シイタケ,高冷地野菜を産する。中部玖珠川の渓谷沿いに天ヶ瀬温泉湯の釣温泉がある。広瀬淡窓の墓,咸宜園跡,穴観音古墳,法恩寺山古墳群,ガランドヤ古墳 (いずれも国指定史跡) のほか,月隈城跡,永興寺などの名所・旧跡がある。景勝地も多く,耶馬日田英彦山国定公園津江山系県立自然公園に属する。中津江に下筌ダムがある。 JR久大本線,日田彦山線,国道 210,211,212号線などが通り,大分自動車道のインターチェンジがある。面積 666.03km2。人口 6万6523(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひた‐し【日田市】

日田

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日田市の関連キーワード大分県日田市前津江町赤石大分県日田市前津江町柚木大分県日田市天瀬町女子畑大分県日田市天瀬町五馬市大分県日田市天瀬町桜竹大分県日田市天瀬町本城大分県日田市三本松新町大分県日田市三芳小渕町大分県日田市天瀬町合田大分県日田市天瀬町湯山大分県日田市天瀬町出口大分県日田市田島本町大分県日田市高瀬本町大分県日田市城内新町大分県日田市下井手町大分県日田市鶴河内町大分県日田市清岸寺町大分県日田市大肥本町大分県日田市三ノ宮町大分県日田市丸の内町

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日田市の関連情報