コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日経 にっきょう

4件 の用語解説(日経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日経 にっきょう

にちきょう

日経 にちきょう

1560-1620 織豊-江戸時代前期の僧。
永禄(えいろく)3年生まれ。日蓮宗。京都妙満寺27世。慶長13年江戸城でおこなわれた浄土宗との対論では,徳川家康の日蓮宗弾圧策により敗北して耳鼻などをそがれる刑をうけた(慶長法難)。元和(げんな)6年11月22日死去。61歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。字(あざな)は善海。号は常楽院,常談義院。著作に「浄土日蓮宗論記録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日経

没年:元和6(1620)
生年:永禄3(1560)
戦国・江戸初期の日蓮宗の僧。「にちきょう」ともよむ。常楽院と呼ばれた。日什門流をうけて京都妙満寺27世となる。学識と弁舌は有名で,諸国を巡り諸宗と論争を交えた。慶長13(1608)年,尾張(愛知県)での浄土宗門徒との対論は,徳川家康の命により江戸城で浄土宗と法論(慶長宗論)を行うまでに発展した。日経の 折伏主義を嫌う幕府は,その法論直前に彼を襲撃した。重傷の日経は,戸板に乗せられて登城したものの発言できないまま敗北とされ,翌年弟子5人と京都六条河原で耳鼻をそぎ落とされた。その後幕府の迫害の中,放浪の生涯を送る。<参考文献>宮崎英修『日蓮とその弟子』

(佐藤弘夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にっけい【日経】

「日本経済新聞」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日経の言及

【妙満寺】より

…そののち〈諸宗は堕獄の根源,法華宗ばかり成仏なるべし〉を標榜して折伏(しやくぶく)の布教を伝統とした日什門流の拠点となり,京都二十一ヵ本山(近世には十六ヵ本山)の一つとして栄えた。上総七里法華の基を築いた日泰,慶長法難で不受不施(ふじゆふせ)を主張して徳川家康に弾圧された日経は,当寺の僧である。寺地は中世には下京地域を転々とし,1583年(天正11)豊臣秀吉の命により寺町二条に移り,廃仏毀釈で寺勢を減じたが,明治期には塔頭(たつちゆう)4院,末寺550ヵ寺があった。…

※「日経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日経の関連キーワード日通日行日解日慈日達上人日良沙門日東本化久保田日亀日鑑(1)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日経の関連情報