日経300先物取引(読み)にっけいさんびゃくさきものとりひき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

日経株価指数300を対象とした先物で、取引単位は、日経株価指数300の10000倍。日経225先物と同様に、指数をひとつの銘柄と考えて売買を行なう。歴史的には、1988年9月3日に東京証券取引所がTOPIX先物取引を、大阪証券取引所日経225先物取引を開始したのに対して、日経300先物取引は、94年2月14日に大阪証券取引所が開始した経緯がある。取引手法は日経225と同じ扱いだが、通常の先物取引の10分の1で取引ができる日経225miniの300版は今のところ登場していない。日経225に比べて300は、より流動性の高い銘柄から構成されていて採用銘柄数や算出計算が違うため、価格の動きも異なる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android