コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日経300先物取引 にっけいさんびゃくさきものとりひき

1件 の用語解説(日経300先物取引の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

日経300先物取引

日経株価指数300を対象とした先物で、取引単位は、日経株価指数300の10000倍。日経225先物と同様に、指数をひとつの銘柄と考えて売買を行なう。歴史的には、1988年9月3日に東京証券取引所TOPIX先物取引を、大阪証券取引所日経225先物取引を開始したのに対して、日経300先物取引は、94年2月14日に大阪証券取引所が開始した経緯がある。取引手法は日経225と同じ扱いだが、通常の先物取引の10分の1で取引ができる日経225miniの300版は今のところ登場していない。日経225に比べて300は、より流動性の高い銘柄から構成されていて採用銘柄数や算出計算が違うため、価格の動きも異なる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日経300先物取引の関連キーワード卸売物価指数東証株価指数株価指数株価指数先物株式指数先物日経二二五先物日経平均先物株価指数オプション東証株価指数(TOPIX)日経300株価指数連動型上場投資信託

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone