コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日臨 にちりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日臨 にちりん

1793-1823 江戸時代後期の僧。
寛政5年生まれ。日蓮宗。江戸宗延寺の日実に師事。下総(しもうさ)香取郡(千葉県)の飯高檀林(だんりん),甲斐(かい)(山梨県)身延山でまなび,京都瑞光寺の元政(げんせい)に私淑(ししゅく)した。のち身延山に醒悟園(本妙庵)をむすんだ。文政6年9月17日死去。31歳。江戸出身。字(あざな)は本妙。著作に「自誓受戒作法草案」「本化別頭教観撮要」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日臨の関連キーワードクロンシュタット軍港反乱二月革命[ロシア]自由ギリシア政府中曽根康弘内閣行革国民会議上海臨時政府メンギスツ立憲政友会十一月蜂起内閣参議下道門継夢窓疎石約法日輝玉扆

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日臨の関連情報