コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日蓮正宗 にちれんしょうしゅう

4件 の用語解説(日蓮正宗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日蓮正宗
にちれんしょうしゅう

静岡県富士宮市の大石寺総本山とし,日興を派祖とする日蓮宗の一派。大石寺はもと興門派の名刹で,明治以後,他の興門派の諸寺院とともに独立したが,1900年大石寺のみ分立して日蓮宗富士派と称し,13年さらに現在の宗名に改めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にちれん‐しょうしゅう〔‐シヤウシユウ〕【日×蓮正宗】

日蓮宗の一派。日興を派祖とし、本山は静岡県富士宮市にある大石寺(たいせきじ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にちれんしょうしゅう【日蓮正宗】

日蓮系の宗派。日蓮の直弟日興(につこう)を開祖とし,静岡県富士宮市の大石(たいせき)寺を総本山とする。日興は1288年(正応1)身延を離れて駿河に移り,信奉者南条時光の支援をうけて90年富士郡大石ヶ原に大石寺を建て,98年(永仁6)には,大石寺近傍の重須(おもす)に本門寺を創建,門流の拠点とした。その教線は駿河,甲斐,伊豆,陸奥,讃岐,佐渡その他に伸張した。この系統は日興門流富士門流とよばれ,大石寺,重須本門寺,富士郡西山本門寺,同下条妙蓮寺,小泉久遠寺富士五山として中山寺院であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にちれんしょうしゅう【日蓮正宗】

日蓮宗の一派。静岡県富士宮市の大石寺を本山とする。日興が派祖。 → 創価学会そうかがつかい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日蓮正宗の言及

【大石寺】より

…静岡県富士宮市にある日蓮正宗の総本山。大日蓮華山と号す。…

【日興】より

…鎌倉時代後期の日蓮宗の僧。日蓮正宗の開祖。伯耆房,白蓮阿闍梨(あじやり)と称す。…

※「日蓮正宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日蓮正宗の関連キーワード大石寺日蓮宗日朗本門寺六老僧久遠寺日華日弁日目御義口伝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日蓮正宗の関連情報