日蓮正宗(読み)にちれんしょうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日蓮正宗
にちれんしょうしゅう

静岡県富士宮市大石寺を総本山とし,日興派祖とする日蓮宗一派。大石寺はもと興門派の名刹で,明治以後,他の興門派の諸寺院とともに独立したが,1900年大石寺のみ分立して日蓮富士派と称し,13年さらに現在の宗名に改めた。創価学会はこの宗派の護持団体であったが,80年以降対立が表面化し,宗門側が学会に破門を通告した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にちれんしょうしゅう【日蓮正宗】

日蓮系の宗派。日蓮の直弟日興(につこう)を開祖とし,静岡県富士宮市の大石(たいせき)寺を総本山とする。日興は1288年(正応1)身延を離れて駿河に移り,信奉者南条時光の支援をうけて90年富士郡大石ヶ原に大石寺を建て,98年(永仁6)には,大石寺近傍の重須(おもす)に本門寺を創建,門流の拠点とした。その教線は駿河,甲斐,伊豆,陸奥,讃岐,佐渡その他に伸張した。この系統は日興門流,富士門流とよばれ,大石寺,重須本門寺,富士郡西山本門寺,同下条妙蓮寺,小泉久遠寺が富士五山として中山寺院であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の日蓮正宗の言及

【大石寺】より

…静岡県富士宮市にある日蓮正宗の総本山。大日蓮華山と号す。…

【日興】より

…鎌倉時代後期の日蓮宗の僧。日蓮正宗の開祖。伯耆房,白蓮阿闍梨(あじやり)と称す。…

※「日蓮正宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android