コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日辰 にっしん

2件 の用語解説(日辰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日辰 にっしん

1508-1577* 戦国-織豊時代の僧。
永正(えいしょう)5年8月26日生まれ。日蓮宗。京都住本寺の日法,日在に師事。天文(てんぶん)17年天文法華一揆(ほっけいっき)で焼失した住本寺と上行院をあわせて要法寺として再興,弘治(こうじ)元年13世となる。教学の振興,人材の育成,門流内の対立融和につとめた。天正(てんしょう)4年12月15日死去。69歳。京都出身。俗姓は村田。字(あざな)は寿成。号は広蔵院。著作に「大蔵抜萃」「祖師伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日辰

没年:天正4.12.15(1577.1.3)
生年:永正5(1508)
戦国時代の日蓮宗の僧。広蔵院という。幼くして京都住本寺日法について得度,以後諸寺を歴訪して日蓮教学を学ぶ。その学識は広く,仏教はもとより神道,周易,医学,儒学にまでおよんだという。茶人としても名高く,村田珠光の門に入り村田宗親と号した。天文17(1548)年,天文法華の乱(1536)によって洛外追放処分を受けていた上行院,住本両寺を合して要法寺と改称,京都堀川に再興して同13世となる。日興門流に属する諸山間の融和を試み,みずから甲駿地方(山梨,静岡)に下って大石寺,北山本門寺,西山本門寺などの間の調停を行った。また教学の振興にも努め,要法寺に勧学寮を設けて弟子を育成した。有名な健筆家で生涯において等身の著作を残したといわれる。学匠として,のち保田妙本寺の日我とならび「西辰東我」(西の日辰,東の日我)と称された。<参考文献>立正大学日蓮教学研究所編『日蓮教団全史』上

(佐藤弘夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日辰の関連キーワード日慈日充沙門日東祖師本化久保田日亀日具日陽日昭日典

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日辰の関連情報