コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野資勝 ひの すけかつ

美術人名辞典の解説

日野資勝

公卿。輝資の男。権大納言正二位後後水尾天皇幕府の処置につき聖旨に添わぬことあり、突然御位を内親王明正天皇に譲る。幕府天皇の御親認深い中院通村の練言をせめ、寛永7年その職武家伝奏を罷め資勝に代る。日記に『資勝卿記』あり。寛永16年(1639)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野資勝 ひの-すけかつ

1577-1639 江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
天正(てんしょう)5年生まれ。日野輝資(てるすけ)の子。慶長4年(1599)参議,19年権(ごんの)大納言。正二位。寛永7年武家伝奏となり,没年までつとめた。寛永16年6月15日死去。63歳。法名は涼源院。日記に「資勝卿記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日野資勝

没年:寛永16.6.15(1639.7.15)
生年:天正5(1577)
江戸前期の公家。権大納言輝資の子。母は津守国繁の娘。慶長4(1599)年参議,16年権中納言,19年権大納言となる。後水尾天皇譲位に際して,幕府の譴責を受け辞任した中院通村にかわり,父輝資が武家昵近衆として徳川家康の知遇を受けたことから,寛永7(1630)年武家伝奏となり朝幕間の斡旋に努める。16年まで在職。その日記『資勝卿記』は,10年にわたる武家伝奏在任期の記録も残され,江戸前期の朝幕関係を知る貴重な資料。資勝は,また後水尾院の立花会の重要メンバーであり,当時ブームとなった椿栽培においても珍種「日野椿」の栽培で知られる。法名涼源院。<参考文献>熊倉功夫『寛永文化の研究』

(母利美和)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の日野資勝の言及

【資勝卿記】より

…正二位権大納言日野資勝(1577‐1639)の日記。法名にちなみ《涼源院記》ともいう。…

【日野輝資】より

…織豊・江戸初期の公卿。贈内大臣広橋国光の子。初名は兼保。1559年(永禄2)日野の家督を相続し輝資と改名。62年元服,叙爵。累進して76年(天正4)蔵人頭,77年参議従三位,87年正二位権大納言となる。1602年(慶長7)出仕を止められ息資勝とともに出奔。03年辞官。07年出家し唯心院と号する。有職故実に詳しく,また和歌・茶湯をよくし,徳川家康の知遇を得てしばしば駿河に下り,その諮問にあずかった。日記に《輝資卿記》がある。…

※「日野資勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日野資勝の関連キーワード日光御成道柳川一件日野弘資三条公富日野光慶

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android