コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資勝卿記 すけかつきょうき

1件 の用語解説(資勝卿記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すけかつきょうき【資勝卿記】

正二位権大納言日野資勝(1577‐1639)の日記。法名にちなみ《涼源院記》ともいう。伝存写本は割合に多く,また欠逸年月が多いが,日次記は1612年(慶長17)より38年(寛永15)までで,ほかに〈神宮記〉(1597‐99,1619‐20),〈文留〉(1637)などの別記が存する。資勝は早くから徳川家康に昵近(じつきん)し,ことに1630年より39年まで9年間武家伝奏を務めたため,その方面での興味深い記事が散見し,記事は概して詳細である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

資勝卿記の関連キーワード日野弘資日野資茂日野資矩高倉永敦中山栄親日野町資広六条有起松殿道昭万里小路雅房薮嗣孝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone