コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資勝卿記 すけかつきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

すけかつきょうき【資勝卿記】

正二位権大納言日野資勝(1577‐1639)の日記。法名にちなみ《涼源院記》ともいう。伝存写本は割合に多く,また欠逸年月が多いが,日次記は1612年(慶長17)より38年(寛永15)までで,ほかに〈神宮記〉(1597‐99,1619‐20),〈文留〉(1637)などの別記が存する。資勝は早くから徳川家康に昵近(じつきん)し,ことに1630年より39年まで9年間武家伝奏を務めたため,その方面での興味深い記事が散見し,記事は概して詳細である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

資勝卿記の関連キーワード天荊松永久通鷹巣城七尾城エル・グレコ中国征伐上泉信綱七尾城跡ペーテル・パウル・ルーベンスリヒテンシュタイン侯爵家のコレクション