コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野家 ひのけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日野家
ひのけ

藤原北家,内麻呂の流れ。内麻呂の曾孫家宗が京都の南東日野法界寺を建て,子孫が日野に山荘を構えて日野姓を称し,代々儒道と歌道をもって朝廷に仕えた。室町時代,時光の娘業子が3代将軍足利義満の室となり,以後将軍の室を出す家となって権勢をふるった。明治になって伯爵支流烏丸家,柳原家広橋家などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日野家【ひのけ】

藤原北家の一流。伝領地のあった山城日野(現,京都市伏見区)の地名をもって名字とした。平安中期に資業(すけなり)が建立した薬師堂がのちに法界(ほうかい)寺となる。
→関連項目大浦荘日野若山荘

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひのけ【日野家】

藤原氏北家の流れ。右大臣内麻呂の息男真夏から出て,その孫家宗が山城国宇治郡日野の地に法界寺を創建し,家宗の5世の孫藤原資業(すけなり)が法界寺の薬師堂を建立し,それより日野氏を称した。公家としての家格は弁官を経て中・大納言に至る名家で,代々儒道および歌道をもって朝廷に仕えた。南北朝時代には俊光,資名,資朝が活躍し,室町時代には時光の女業子と孫女康子(北山院)が将軍足利義満の室となってから,9代義尚まで日野家の女が将軍の室となったために勢力を張り,時光の子資康および資康の子重光は従一位権大納言に進んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日野家
ひのけ

公家(くげ)。藤原北家(ほっけ)流。右大臣内麿(うちまろ)の長子真夏より出る。その孫家宗(いえむね)が山城国(やましろのくに)宇治郡日野(京都市伏見(ふしみ)区)に法界寺(ほうかいじ)を創立、さらにそれから5世後の資業(すけなり)が11世紀なかばに法界寺薬師堂を建立し、以後日野氏を称する。儒学と文章を家道として朝廷に仕え、大学頭(だいがくのかみ)に任ぜられることが多かった。鎌倉末から南北朝内乱期にかけては、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の討幕計画に参画し、のちに処刑された資朝(すけとも)、俊基(としもと)がよく知られているが、他方で北朝に仕え室町幕府の創設に尽力した者もいる。室町時代には時光(ときみつ)の女(むすめ)業子(なりこ)が足利義満(あしかがよしみつ)に嫁いで以来、代々足利将軍家と縁戚(えんせき)を結ぶようになり大きな権勢を振るうようになる。「万人恐怖」といわれた足利義教(よしのり)の時代には、その室日野重子(しげこ)の長男出産を祝って多くの公家や僧侶(そうりょ)が兄日野義資(よしすけ)のもとを訪れたが、当時義資は義教の勘気にふれ謹慎中であったため、彼を訪れた60人の公家や僧がみな処分されるという事件があった。また1443年(嘉吉3)の南朝勢力による内裏(だいり)襲撃では、それに内応したとして日野有光(ありみつ)が滅ぼされている。さらに応仁(おうにん)の乱(1467~77)前後の激動する政局のなかで、足利義政(よしまさ)室日野富子(とみこ)と兄勝光(かつみつ)の専横ぶりは、多くの史料の物語るところである。江戸時代には家禄(かろく)1153石を得、明治時代に至り伯爵を授けられた。その支族には、裏松(うらまつ)、四辻(よつつじ)、烏丸(からすまる)、柳原(やなぎはら)、竹屋(たけのや)、日野西(ひのにし)、外山(とやま)、豊岡(とよおか)、三室戸(みむろど)、北小路(きたのこうじ)、広橋(ひろはし)、勘解由小路(かげゆのこうじ)などがある。[酒井紀美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日野家の関連キーワード烏丸光広(からすまみつひろ)後醍醐天皇日野勝光藤原宗忠広橋守光日野重子日野業子日野内光日野資業藤原家光藤原経光日野資朝室町幕府藤原兼光持明院統日野富子烏丸資任内藤正範足利義昭日野有光

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android