コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高信六郎 ひだか しんろくろう

1件 の用語解説(日高信六郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高信六郎 ひだか-しんろくろう

1893-1976 大正-昭和時代の外交官,登山家。
明治26年4月10日生まれ。外務省にはいり,イタリア駐在大使,外務省研修所長などをつとめる。15歳で日本山岳会に入会。大正10年夏日本人初のモンブラン登頂。昭和33年日本山岳会会長となる。昭和51年6月18日死去。83歳。神奈川県出身。東京帝大卒。著作に「朝の山残照の山」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の日高信六郎の言及

【モン・ブラン[山]】より

…これがアルプスでのスポーツ登山の開幕となった。モン・ブランはアルプスの最高峰として最も多くのルートを有するが,日本人の初登頂は1921年夏,外交官日高信六郎による。アルプス[山脈]【近藤 等】。…

※「日高信六郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日高信六郎の関連キーワード東京大学ブルガリア文学川本けい子12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)キングドームアイヌ語学習塾座散乱木遺跡専修学校ウェルナー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone