コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高信六郎 ひだか しんろくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日高信六郎 ひだか-しんろくろう

1893-1976 大正-昭和時代の外交官,登山家。
明治26年4月10日生まれ。外務省にはいり,イタリア駐在大使,外務省研修所長などをつとめる。15歳で日本山岳会に入会大正10年夏日本人初のモンブラン登頂。昭和33年日本山岳会会長となる。昭和51年6月18日死去。83歳。神奈川県出身。東京帝大卒。著作に「朝の山残照の山」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の日高信六郎の言及

【モン・ブラン[山]】より

…これがアルプスでのスポーツ登山の開幕となった。モン・ブランはアルプスの最高峰として最も多くのルートを有するが,日本人の初登頂は1921年夏,外交官日高信六郎による。アルプス[山脈]【近藤 等】。…

※「日高信六郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日高信六郎の関連キーワード昭和時代外交官登山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android