コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早川貞水 はやかわ ていすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早川貞水 はやかわ-ていすい

1861-1917 明治-大正時代の講談師。
文久元年江戸の商人の家に生まれる。旭堂南慶にまなび,はじめ早川慶寿と名のる。内務省嘱託となって地方を巡回して公演,御用講談師とよばれた。大正6年5月14日死去。57歳。旧姓長島。本名は与吉。前名は3代双竜斎貞鏡,4代真竜斎貞水。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の早川貞水の言及

【寛政力士伝】より

…小田原の仇討相撲は一席物として今日でもよく演じられる。これを語って有名な真竜斎貞水(しんりゆうさいていすい)(のちに早川貞水,1917没)は国技館木戸御免であったし,貞鏡時代の1896年に《寛政力士伝》を刊行した。【吉沢 英明】。…

※「早川貞水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

早川貞水の関連キーワード田辺南竜(5代)寛政力士伝早川 貞水田辺南竜大正時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android