早松茸(読み)さまつだけ

精選版 日本国語大辞典「早松茸」の解説

さ‐まつだけ【早松茸】

〘名〙 担子菌類シメジ科のキノコ。いっぱんに大形でマツタケに似ているが香りがない。六~七月に生じ、食べられる。さまつ。《季・夏》
※御湯殿上日記‐天正八年(1580)五月三日「二条とのよりゆり、さまつたけまいる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「早松茸」の解説

早松茸 (サマツタケ)

植物。キシメジ科のキノコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android