早瀬来山(読み)はやせ らいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早瀬来山 はやせ-らいざん

1808-1890 江戸後期-明治時代の画家。
文化5年生まれ。早瀬蘭川の子。越前(えちぜん)(福井県)の人。はじめ父に,のち京都の松村景文,岡本豊彦らにまなぶ。郷里にかえり,福井東別院の壁画「大舜耕作図」,西別院白書院の襖(ふすま)絵「孔雀(くじゃく)図」などをかいた。明治23年2月5日死去。83歳。名は鴻。字(あざな)は子漸。別号晩翠,懶僊(らんせん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android