旬月(読み)ジュンゲツ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐げつ【旬月】

10日間、あるいは、1か月。転じて、わずかな日数。「旬月の間(かん)に迫る」
10か月。「はや旬月を経る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんげつ【旬月】

10日、あるいは一か月。転じて、わずかの日数。
一〇か月。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐げつ【旬月】

〘名〙
① 一〇日あるいは一か月。転じて、わずかの年月。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※業鏡台(1394‐1428頃)作州高福寺紀「不旬月頃、肌体鮮健、無復瘢痕云」 〔後漢書‐楊賜伝〕
② まる一か月。また、月余。
※古事談(1212‐15頃)三「長和五年夏、炎旱渉旬月
③ 一〇か月。〔布令必用新撰字引(1869)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android