コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明叟斉哲 みょうそう さいてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明叟斉哲 みょうそう-さいてつ

?-1347 鎌倉-南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。文保(ぶんぽ)2年(1318)元(げん)(中国)にわたり,天目山中峰明本(みょうほん)の法をつぐ。嘉暦(かりゃく)元年(1326)帰国。京都真如寺,甲斐(かい)(山梨県)恵林(えりん)寺の住持となり,甲斐正法寺をひらいた。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年7月2日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

明叟斉哲の関連キーワード南北朝時代臨済

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android