コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明叟斉哲 みょうそう さいてつ

1件 の用語解説(明叟斉哲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明叟斉哲 みょうそう-さいてつ

?-1347 鎌倉-南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。文保(ぶんぽ)2年(1318)元(げん)(中国)にわたり,天目山中峰明本(みょうほん)の法をつぐ。嘉暦(かりゃく)元年(1326)帰国。京都真如寺,甲斐(かい)(山梨県)恵林(えりん)寺の住持となり,甲斐正法寺をひらいた。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年7月2日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

明叟斉哲の関連キーワード世尊寺伊俊向阿雲山智越覚尊巨勢惟久曙蔵主末兼大用慧堪道玄(2)良暁(2)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone