コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星川清司 ホシカワセイジ

デジタル大辞泉の解説

ほしかわ‐せいじ〔ほしかは‐〕【星川清司】

[1921~2008]小説家脚本家。東京の生まれ。映画の脚本家として「眠狂四郎」シリーズなど時代劇・任侠ものを中心に娯楽作品を数多く手がけた。そのかたわら伝記小説などを執筆し、「小伝抄(こでんしょう)」で直木賞受賞。他に「夢小袖」「利休」「小村雪岱」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星川清司 ほしかわ-せいじ

1921-2008 昭和後期-平成時代の脚本家,小説家。
大正10年10月27日生まれ。旧制山形高を中退。十数年間の闘病生活ののちシナリオ作家となり,昭和38年映画「暴動」でシナリオ賞特別賞。テレビドラマ「わが父北斎」で46年芸術祭優秀賞,47年国際コンクール・グランプリ「イタリア賞」。平成2年小説「小伝抄」で直木賞。著作はほかに「あぶり絵」など。平成20年7月25日死去。86歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

星川清司の関連キーワード海はふりむかないすべてが狂ってる嵐来たり去る零戦黒雲一家

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android