星河(読み)せいが

精選版 日本国語大辞典「星河」の解説

せい‐が【星河】

〘名〙 (「せいか」とも) あまのがわ星漢。銀。《・秋》
※和漢朗詠(1018頃)上「遅々たる鐘漏(しょうろう)の初めて長き夜 耿々(かうかう)たる星河の(あ)けなんとする天〈白居易〉」 〔張融‐海賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「星河」の解説

【星河】せいか・せいが

天の川。・白居易〔長恨歌 遲遲(ちち)たる鼓、初めて長き夜 耿耿(かうかう)たる星河、(あ)けんと欲する天

字通「星」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android