星野富弘(読み)ほしの とみひろ

  • 星野富弘 ほしの-とみひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1946- 昭和後期-平成時代の詩人,画家。
昭和21年4月24日生まれ。45年中学の体育教師になった直後,空中回転の指導中に頸椎(けいつい)を損傷し手足の自由をうしなう。入院中にを口にくわえて文字と絵をかきはじめ,54年郷里の群馬県東村にもどり,草花の絵にをそえた詩画を創作しつづける。詩画集に「の鳴る道」,手記に「愛,深きより」など。群馬大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星野富弘の関連情報