コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野富弘 ほしの とみひろ

1件 の用語解説(星野富弘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野富弘 ほしの-とみひろ

1946- 昭和後期-平成時代の詩人,画家。
昭和21年4月24日生まれ。45年中学の体育教師になった直後,空中回転の指導中に頸椎(けいつい)を損傷し手足の自由をうしなう。入院中に筆を口にくわえて文字と絵をかきはじめ,54年郷里の群馬県東村にもどり,草花の絵に詩をそえた詩画を創作しつづける。詩画集に「鈴の鳴る道」,手記に「愛,深き淵より」など。群馬大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星野富弘の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)盧武鉉南海地震ビキニ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

星野富弘の関連情報