コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野水裏 ほしの すいり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野水裏 ほしの-すいり

1881-1937 明治-大正時代の詩人。
明治14年生まれ。実業之日本社に入社,明治41年創刊の「少女の友」初代主筆となる。川端竜子,竹久夢二らを起用,みずから叙情詩を発表した。昭和12年5月4日死去。57歳。新潟県出身。早大卒。本名は久。変名に水野うら子,淡路しま子。別号白桃など。詩集に「浜千鳥」「赤い椿」「白桔梗の花」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星野水裏の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android