白桃

大辞林 第三版の解説

はくとう【白桃】

水蜜桃すいみつとうの一品種。果肉が白く、多汁で甘味も強い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白桃
はくとう

モモの品種の一つ。1899年(明治32)、偶発実生(みしょう)として発見された。果皮、果肉とも白色。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しろ‐もも【白桃】

〘名〙
① モモの園芸品種。花は大輪の一重で、白色のもの。観賞用に栽植される。果実も白色となるが、果樹として栽培される白(はくとう)とは別。《季・春》
※俳諧・類柑子(1707)下「白桃のいつを昔とおもひしに〈芙雀〉」
② ヤマモモの品種で、果実が白色に熟すもの。関東以南の暖地で栽培される。しろやまもも。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

はく‐とう ‥タウ【白桃】

〘名〙
① 花色の白い桃。しろもも。《・春》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 桃の栽培品種。明治三四年(一九〇一)、岡山県の大久保重五郎によって発見された。果実は大きく、純白の地に淡い紅彩があって、短毛が密生する。果肉は白色で、柔らかく、多汁で甘味が強い。《季・秋》
※紅絲(1951)〈橋本多佳子〉「白桃に入れし刃先の種を割る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白桃の言及

【モモ(桃)】より

…利用の目的によって生食用と加工用(缶詰用)に分けることもあり,後者には果肉が不溶質の品種が用いられる。主要品種には布目早生(6月中・下旬成熟),砂子早生・倉方早生(6月下旬~7月上旬,花粉不稔性品種),白鳳(7月中・下旬),大久保(7月下旬),白桃(8月上・中旬)があり,そのほかに地方の特産的品種として早生桃山,都白鳳,浅間白桃,志賀白桃,勘七白桃など数多くの品種が栽培されている。また,黄肉の加工用品種には錦,ファースト・ゴールドなどが,ネクタリンでは,興津,秀峰などが育成,栽培されている。…

※「白桃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白桃の関連情報