コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川端龍子 かわばた りゅうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川端龍子
かわばたりゅうし

[生]1885.6.6. 和歌山
[没]1966.4.10. 東京
日本画家。本名は昇太郎。 1895年上京。東京府立第三中学校を中退して白馬会洋画研究所,太平洋画会研究所に学んだ。 07年東京内国勧業博覧会に『秋色』を,第1回文展に油絵『隣の人』を出品。またこの前後に『東京パック』『国民新聞』などに挿絵を描いた。 13年渡米しボストン美術館で日本画開拓の意義を自覚,同年帰国後は无声会 (むせいかい) に属し日本画へ転向した。その後再興院展にたびたび入選し,17年に日本美術院の同人となったが,その新古典的作風にそぐわず 28年脱退。翌年青竜社を創立して主宰し,会場芸術論を唱え,伝統的技法や奇抜な内容と豪放な筆致による大作で,常に画壇をにぎわした。 35年帝国美術院会員,37年帝国芸術院会員に推されたがいずれも辞退し,野にあって画業に専念した。 59年文化勲章を受章。 62年に自作 100点余を陳列する龍子記念館を東京大田区の自邸内に設立した。主要作品『魚紋』 (朝日賞受賞) ,『印度更紗』 (1925,龍子記念館) ,『新樹の曲』 (32,同) ,『愛染』 (34,足立美術館) ,『筏流し』 (59,龍子記念館) ,『天橋立図』 (60,国立劇場) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川端龍子
かわばたりゅうし
(1885―1966)

日本画家。明治18年6月6日和歌山市に生まれる。本名昇太郎。11歳のとき上京。1904年(明治37)中学校を中退し、葵橋(あおいばし)洋画研究所、太平洋画会研究所で洋画を学んだ。国民新聞社などに勤め、挿絵を描いて名を知られるようになったが、13年(大正2)にアメリカを旅行し帰国すると日本画に転じた。初め无声(むせい)会に加わったが、15年、平福百穂(ひらふくひゃくすい)らと珊瑚(さんご)会を結成した。またこの年、再興日本美術院展に『狐の径』が入選、翌年には『霊泉由来』が樗牛(ちょぎゅう)賞を受賞するなど、院展で頭角を現し、17年には同人に推された。しかしやがて大胆な表現が異端視されるようになり、28年(昭和3)に美術院を脱退、翌年、主宰する御形塾を母胎として青龍社を創立し、会場芸術を唱えて豪放で動感に富む作風を打ち出した。35年帝国美術院会員に任命されたが翌年辞退、37年には帝国芸術院会員にあげられたがこれも辞退した。59年に文化勲章を受章。62年、青龍社創立35周年を記念して自邸に龍子記念館(社団法人青龍社龍子記念館・東京都大田区中央4丁目2-1)を建設し、自作を公開した。『鳴門(なると)』『真珠』『新樹の曲』『潮騒(しおざい)』などが代表作。また俳句に親しみ、句集がある。昭和41年4月10日没。なお、青龍社は龍子の死とともに解散した。[原田 実]
『村瀬雅夫解説『現代日本の美術13 川端龍子』(1976・集英社) ▽河北倫明編『現代の水墨画6 川合玉堂・川端龍子』(1983・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

川端龍子の関連キーワード戦争記録画(日本人の)大田区立龍子記念館横川 毅一郎加納 三楽輝阪口 一草星野 水裏川口 春波安西 啓明森田りえ子山岡 良文藤本 韶三田中 一村小畠 鼎子柴田 安子深川正一郎福田豊四郎阪口一草根本 進川端茅舎丸木位里

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川端龍子の関連情報