コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川端龍子 かわばた りゅうし

3件 の用語解説(川端龍子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川端龍子

日本画家。和歌山県生。名は昇太郎。初め洋画を学び、白馬会に出品。欧米歴遊後日本画に転じる。のち青龍社を主宰し、画壇の雄として名を馳せた。文化功労者文化勲章受章。昭和41年(1966)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川端龍子
かわばたりゅうし

[生]1885.6.6. 和歌山
[没]1966.4.10. 東京
日本画家。本名は昇太郎。 1895年上京。東京府立第三中学校を中退して白馬会洋画研究所太平洋画会研究所に学んだ。 07年東京内国勧業博覧会に『秋色』を,第1回文展に油絵『隣の人』を出品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川端龍子
かわばたりゅうし
(1885―1966)

日本画家。明治18年6月6日和歌山市生まれる。本名昇太郎。11歳のとき上京。1904年(明治37)中学校を中退し、葵橋(あおいばし)洋画研究所、太平洋画会研究所で洋画を学んだ。国民新聞社などに勤め、挿絵を描いて名を知られるようになったが、13年(大正2)にアメリカを旅行し帰国すると日本画に転じた。初め无声(むせい)会に加わったが、15年、平福百穂(ひらふくひゃくすい)らと珊瑚(さんご)会を結成した。またこの年、再興日本美術院展に『狐の径』が入選、翌年には『霊泉由来』が樗牛(ちょぎゅう)賞を受賞するなど、院展で頭角を現し、17年には同人に推された。しかしやがて大胆な表現が異端視されるようになり、28年(昭和3)に美術院を脱退、翌年、主宰する御形塾を母胎として青龍社を創立し、会場芸術を唱えて豪放で動感に富む作風を打ち出した。35年帝国美術院会員に任命されたが翌年辞退、37年には帝国芸術院会員にあげられたがこれも辞退した。59年に文化勲章を受章。62年、青龍社創立35周年を記念して自邸に龍子記念館(社団法人青龍社龍子記念館・東京都大田区中央4丁目2-1)を建設し、自作を公開した。『鳴門(なると)』『真珠』『新樹の曲』『潮騒(しおざい)』などが代表作。また俳句に親しみ、句集がある。昭和41年4月10日没。なお、青龍社は龍子の死とともに解散した。[原田 実]
『村瀬雅夫解説『現代日本の美術13 川端龍子』(1976・集英社) ▽河北倫明編『現代の水墨画6 川合玉堂・川端龍子』(1983・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川端龍子の関連キーワード和歌山県和歌山市粟和歌山県和歌山市上野和歌山県和歌山市大谷和歌山県和歌山市加太和歌山県和歌山市毛見和歌山県和歌山市西和歌山県和歌山市西浜和歌山県和歌山市祢宜和歌山県和歌山市吹上和歌山県和歌山市和歌浦西

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川端龍子の関連情報