コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日 とよ カスガ トヨ

20世紀日本人名事典の解説

春日 とよ
カスガ トヨ

大正・昭和期の小唄演奏家 小唄春日派家元。



生年
明治14(1881)年9月15日

没年
昭和37(1962)年4月13日

出生地
東京・浅草花川戸

本名
柏原 トヨ

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和35年〕

経歴
幼少から清元を習い、2代目今藤長十郎、杵屋勝太郎に長唄を学んだ。16歳で浅草の芸者となり、結婚で引退、大正2年再び芸者に出て小唄を習った。10年待合「春日」を開いて芸者を辞め、昭和3年小唄春日派を樹立、家元となった。ラジオで毎月小唄放送も行った。36年財団法人春日会を設立。新派小唄を多く作り、代表作に「婦系図」「春琴抄」「梅一輪」「心して」など、作曲作品は245曲に及んだ。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

春日 とよ
カスガ トヨ


職業
小唄演奏家

肩書
小唄春日派家元

本名
柏原 トヨ

生年月日
明治14年 9月15日

出生地
東京・浅草花川戸

経歴
幼少から清元を習い、2代目今藤長十郎、杵屋勝太郎に長唄を学んだ。16歳で浅草の芸者となり、結婚で引退、大正2年再び芸者に出て小唄を習った。10年待合「春日」を開いて芸者を辞め、昭和3年小唄春日派を樹立、家元となった。ラジオで毎月小唄放送も行った。36年財団法人春日会を設立。新派小唄を多く作り、代表作に「婦系図」「春琴抄」「梅一輪」「心して」など、作曲作品は245曲に及んだ。

受賞
紫綬褒章〔昭和35年〕

没年月日
昭和37年 4月13日 (1962年)

伝記
明治東京畸人伝 森 まゆみ 著(発行元 新潮社 ’99発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

367日誕生日大事典の解説

春日 とよ (かすが とよ)

生年月日:1881年9月15日
大正時代;昭和時代の小唄演奏家。小唄春日派家元
1962年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

春日 とよの関連キーワード一立斎文車(3代)柏原(兵庫県)春日 とよ晴石清水八幡宮春日部(市)春日 とよ喜競伊勢物語坂井(市)福岡(県)丹波(市)春日とよ喜熊本(県)奈良(県)亀田純蔵奈良時代中臣祐茂栃錦清隆斉子女王御館の乱上毛野氏

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春日 とよの関連情報