コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日竜神 カスガリュウジン

世界大百科事典 第2版の解説

かすがりゅうじん【春日竜神】

能の曲名。五番目物。作者不明。前ジテは時風秀行(ときふうひでゆき)の化身。後ジテ竜神明恵上人(みようえしようにん)(ワキ)は仏跡探訪を思い立ち,いとまごいのために春日明神に参る。宮守の老人(前ジテ)は,明神が上人を特別に大切に思っていることを告げ,仏滅後の今日では,春日山こそ釈迦説法の霊鷲山(りようじゆせん)に等しいと言って渡航を制止する。宮守はなお春日神社と仏教の縁を説き(〈クセ〉),姿を消すが,宮守は明神に仕えた昔の時風秀行の仮の姿だった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かすがりゅうじん【春日竜神】

能の一。五番目物。明恵上人みようえしようにんが天竺てんじくに渡ろうとして暇いとまごいのため春日神社に参詣すると、竜神が現れて奇瑞きずいを見せ、思いとどまらせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

春日竜神の関連キーワード能現行曲一覧渡部 栄嗣初番目物森 茂好森茂好謡曲打杖切能黒髭竜戴