コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春日竜神 カスガリュウジン

3件 の用語解説(春日竜神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かすがりゅうじん【春日竜神】

謡曲。五番目物。栂尾(とがのお)の明恵(みょうえ)上人が渡唐のいとまごいに春日明神に参詣すると、明神が現れて入唐を戒める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かすがりゅうじん【春日竜神】

能の曲名。五番目物。作者不明。前ジテは時風秀行(ときふうひでゆき)の化身。後ジテは竜神。明恵上人(みようえしようにん)(ワキ)は仏跡探訪を思い立ち,いとまごいのために春日明神に参る。宮守の老人(前ジテ)は,明神が上人を特別に大切に思っていることを告げ,仏滅後の今日では,春日山こそ釈迦説法の霊鷲山(りようじゆせん)に等しいと言って渡航を制止する。宮守はなお春日神社と仏教の縁を説き(〈クセ〉),姿を消すが,宮守は明神に仕えた昔の時風秀行の仮の姿だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かすがりゅうじん【春日竜神】

能の一。五番目物。明恵上人みようえしようにんが天竺てんじくに渡ろうとして暇いとまごいのため春日神社に参詣すると、竜神が現れて奇瑞きずいを見せ、思いとどまらせる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春日竜神の関連キーワード石橋夕顔黒塚谷行一番目物鬼畜物熊坂祝言能朝長竜虎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone