春昔由縁英(読み)はるはむかしゆかりのはなぶさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春昔由縁英
はるはむかしゆかりのはなぶさ

長唄所作事。五変化物。1世杵屋正次郎作曲。天明5 (1785) 年江戸桐座で,2世瀬川菊之丞追善狂言『重重人重歌曾我 (やえひとえことのはそが) 』の2番目として,3世瀬川菊之丞が初演。五変化の『虚生』『羽根の禿』『白酒売』『女助六』『相生獅子』の5曲のうち,『羽根禿』と『白酒売』は今日も独立して上演される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる