コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽根の禿 はねのかむろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽根の禿
はねのかむろ

歌舞伎舞踊曲。長唄。本名題『春昔由縁英 (はるはむかしゆかりのはなぶさ) 』。五変化の一つ。天明5 (1785) 年江戸桐座で,2世瀬川菊之丞追善狂言『重重人重歌曾我 (やえひとえことのはそが) 』の2番目として3世菊之丞が初演。作詞1世瀬川如皐,作曲1世杵屋正次郎,振付2世西川扇蔵。初春の吉原,松飾りのある大格子の門口羽根つきをする禿 (かむろ) の姿を描く。のちに6世尾上菊五郎によって,格子や門松など道具を大きく作らせるなど,禿を小さくあどけなく見せる工夫がなされた。三下りクドキ二上りに転調して小舞十六番の一つ「室町」の替え歌がある。唄も三味線もやさしく,子供の手ほどき曲として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はねのかむろ【羽根の禿】

歌舞伎舞踊。長唄。初世瀬川如皐(じょこう)作詞、初世杵屋正次郎作曲。天明5年(1785)江戸桐座で、五変化舞踊「春昔由縁英(はるむかしゆかりのはなぶさ)」の一つとして初演。初春の江戸吉原の門口で羽根つきに興じる禿の姿を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はねのかむろ【羽根の禿】

歌舞伎舞踊。長唄。1785年(天明5)2月江戸桐座初演。五変化所作事《春昔由縁英(はるはむかしゆかりのはなぶさ)》の一曲。演者は3世瀬川菊之丞。作詞者不詳。作曲初世杵屋正次郎。振付2世西川扇蔵。江戸の初春,吉原の廓の門口で,禿が羽根つきをして無邪気に遊ぶ風景を描写。1931年3月東京劇場で6世尾上菊五郎が,愛らしく見せるために大道具や振りに工夫を凝らして踊ってから,人気曲となった。【服部 幸雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はねのかむろ【羽根の禿】

歌舞伎舞踊の一。長唄。五変化舞踊「春昔由縁英はるむかしゆかりのはなぶさ」の一曲。作者未詳。1785年、江戸桐座で三世瀬川菊之丞が初演。初春の郭での禿の羽根突きを舞踊化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽根の禿
はねのかむろ

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。初世瀬川如皐(じょこう)作詞、初世杵屋正次郎(きねやしょうじろう)作曲、2世西川扇蔵(せんぞう)振付け。1785年(天明5)2月、江戸・桐(きり)座で3世瀬川菊之丞(きくのじょう)が踊った五変化(へんげ)舞踊『春昔由縁英(はるはむかしゆかりのはなふさ)』の一節で、初春の江戸吉原(よしわら)の廓(くるわ)の門口で禿が羽根突きをして遊ぶ姿を描いたもの。1931年(昭和6)3月、東京劇場で6世尾上(おのえ)菊五郎が、自分の体を可憐(かれん)に見せるため大道具や振にくふうを凝らして演じたのが大好評で、以後人気曲になった。あどけないうちに廓育ちの色気を見せるもので、暖簾(のれん)口からの愛らしい出、廓のつとめを示すクドキなどが眼目。あとに男姿の『浮かれ坊主』などにかわって見せる演者も多い。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽根の禿の関連情報