コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春木三応 はるき さんおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春木三応 はるき-さんおう

1646-1720* 江戸時代前期-中期の華道家。
正保(しょうほ)3年生まれ。家は代々京都で医業をいとなむ。花を愛し,谷川延林の孫娘を妻としたことから晩年その華道をついで,師範となる。また古記録を収集した。享保(きょうほう)4年12月死去。74歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

春木三応の関連キーワード安藤凉宇正保

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android