春木三応(読み)はるき さんおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春木三応 はるき-さんおう

1646-1720* 江戸時代前期-中期の華道家。
正保(しょうほ)3年生まれ。家は代々京都で医業をいとなむ。花を愛し,谷川延林の孫娘を妻としたことから晩年その華道をついで,師範となる。また古記録を収集した。享保(きょうほう)4年12月死去。74歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android