コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上道節 いのうえ どうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上道節 いのうえ-どうせつ

1646-1720* 江戸時代前期-中期の囲碁棋士。
正保(しょうほ)3年生まれ。本因坊道策に入門。元禄(げんろく)3年井上家の跡目養子となり,10年4世井上因碩(いんせき)を名のる。本因坊道知の後見役をつとめた。宝永5年名人,7年碁所。後世,名人因碩といわれた。享保(きょうほう)4年12月7日死去。74歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本姓は桑原。編著に「発陽論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の井上道節の言及

【本因坊】より

…江戸時代,幕府の扶持(ふち)を受けた囲碁家元4家の筆頭。京都寂光(じやつこう)寺の塔頭(たつちゆう)〈本因坊〉の僧算砂(本因坊算砂)を祖とする。4世道策(本因坊道策)は布石理論をひっさげて近代碁の基礎を築き,無敵の5世道知とともに本因坊家の優位を不動のものとした。9世察元は時の6世井上春碩(しゆんせき)因碩(1707‐72)と名人位を争い,紛争をきわめた争碁に勝ち念願の名人となり,本因坊家中興の祖といわれる。…

※「井上道節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

井上道節の関連キーワード井上因碩(4世)井上策雲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android