コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春正蒔絵 シュンショウマキエ

デジタル大辞泉の解説

しゅんしょう‐まきえ〔シユンシヤウまきヱ〕【春正×蒔絵】

江戸前期の京都の蒔絵師山本春正が創始し、その子孫が受け伝えて制作した蒔絵。精巧優美な作風。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんしょうまきえ【春正蒔絵】

蒔絵の一種。江戸時代、京都の山本春正が初めて作り出し、その一門が伝えて制作した。色・図柄が鮮明で精巧優美。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報