コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本春正 やまもとしゅんしょう

2件 の用語解説(山本春正の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山本春正【やまもとしゅんしょう】

京都の蒔絵(まきえ)師。初世〔1610-1682〕は木下長嘯子に和歌を学び,伊藤仁斎と交わって漢籍にも通じたが,蒔絵を好んで家業とするに至った。2世〔?-1707〕は初世の子で,春正景正と号し,以来春正を家名とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本春正
やまもとしゅんしょう

江戸時代から明治にかけての世襲の蒔絵(まきえ)師。10代まである。初代(1610―82)は京都の人で、通称は次郎三郎。晩年法橋(ほっきょう)に叙せられ舟木と号した。初め木下長嘯子(きのしたちょうしょうし)に歌道を学び、『二十一代集類句』を著す。伊藤仁斎(じんさい)とも交わり、漢学にも通じた文人であったが、漆芸、ことに蒔絵にも巧みであったことからこれを家業となし、清楚(せいそ)な作風に特色があった。2代景政(かげまさ)(?―1707)以下代々春正を名のり、5代正令(まさよし)(1734―1803)からは名古屋へ移住。6代正之(まさゆき)(1774―1831)は尾張(おわり)藩の小納戸(こなんど)御具足方(ぐそくかた)御用を勤め、以下明治まで続いた。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山本春正の関連キーワード御物蒔絵春正蒔絵本蒔絵浅野友七上田喜三郎円悦古満六右衛門道与永田文五郎春政

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本春正の関連情報