コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研出蒔絵 とぎだしまきえ

2件 の用語解説(研出蒔絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

研出蒔絵
とぎだしまきえ

蒔絵技法の一種。器物に蒔絵を施した上に,透明漆か黒漆あるいは彩漆 (いろうるし) を塗り,乾燥後木炭で蒔絵面までとぎ出し,さらに摺漆 (すりうるし) を塗って油と砥粉 (とのこ) などで磨いたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

研出蒔絵【とぎだしまきえ】

高蒔絵平蒔絵と並んで蒔絵の基本的技法の一つ。絵漆で絵を描いた上に金銀粉をまき,乾燥後透漆または黒漆を塗り,木炭でといで模様を出す。平安時代に技術が完成。
→関連項目古満家三十帖冊子山本春正

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の研出蒔絵の言及

【蒔絵】より

…粉の種類には丸粉,半丸粉,平目粉(刑部(ぎようぶ)平目),梨地(なしじ)粉,平粉,消粉などがある。おのおの粗細があり,丸粉でみると1号(細)から15号(粗)まであり,おもに3号以下は平蒔絵に,8号以上は研出(とぎだし)蒔絵に用いられる。丸粉の祖形は古代粉(やすり(鑢)粉)で,12世紀まではこの一種のみが研出蒔絵に用いられたが,12世紀末から平蒔絵用の細粉や平目粉が現れる。…

※「研出蒔絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

研出蒔絵の関連キーワード高蒔絵木地蒔絵本蒔絵研出し蒔絵直蒔絵京蒔絵プロフィット蒔絵(菊)プロフィット蒔絵(萩)プロフィット蒔絵(藤)流水紋蒔絵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone