コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春波楼筆記 しゅんぱろうひっき

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんぱろうひっき【春波楼筆記】

江戸後期の蘭学者,洋画家として知られる司馬江漢が著した随筆集。1811年(文化8)成立。1巻。著者の目に映じた江戸時代末期の社会風俗についての所感や,人間観,死生観,学問観を記したもので,当時の世相をうかがううえでも貴重な資料である。約200項目の全体に著者の鋭い世相批判があふれ,近代に通じる観点がみられるのが興味深い。《日本経済叢書》《日本随筆大成》所収。【桂島 宣弘】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春波楼筆記
しゅんぱろうひっき

江戸後期の画家で蘭学者(らんがくしゃ)司馬江漢(しばこうかん)の晩年65歳の随筆。1811年(文化8)4月から10月にかけて稿が成った。江漢その人が和漢洋の学に通暁した当時第一級の知識人であったために、その該博な知識が熟年の思考のなかでみごとに結実している。全体が長短210余の節からなり、江漢の自叙伝、人間観、人生観、社会観等をはじめ、『西洋創世紀』の抜き書き、『伊曽保(いそほ)物語』の引用など、幅広い西洋文化受容の初期的形態がみられ興味をひく。本書は早く『百家説林』や『有朋堂(ゆうほうどう)文庫』に収められ、読者の注目をひいたが、今日『日本随筆大成 第1期 第2巻』に収められ、読者の便が図られている。なお、江漢の同類書『無言道人筆記』『西遊日記』の併読によりさらに理解が深まる。[藤原 暹]
『『春波楼筆記』(関根正直他監修、日本随筆大成編輯部編『日本随筆大成 第1期 第2巻』所収・1975・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の春波楼筆記の言及

【司馬江漢】より

…13年には偽って死亡通知を配付したこともある。また禅宗や老荘思想にも親しみ,哲学,随筆文学の業績もあり,その思想を説いた《独笑妄言》(1810),《春波楼筆記》(1811),《無言道人筆記》(1814)などを書いた。晩年の画作には在来の伝統的な画法による思想的教訓画が多いが,12年京都滞在中に描いた富士図の連作には,和洋の画法が見事に融合した傑作がある。…

※「春波楼筆記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春波楼筆記の関連キーワード関根正直化政文化江漢

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android