コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時の調子(読み)トキノチョウシ

デジタル大辞泉の解説

とき‐の‐ちょうし〔‐テウシ〕【時の調子】

雅楽で、その季節にふさわしい音楽の調子。春は双調、夏は黄鐘(おうしき)調、秋は平調、冬は盤渉(ばんしき)調などとされている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときのちょうし【時の調子】

雅楽で、その時節その時節に最もふさわしいと考えられた音楽の調子。例えば春は双調、夏は黄鐘おうしき調、秋は平調、冬は盤渉ばんしき調などと定められていた。また、能楽では、月・時刻についても考えられていた。 「 -といつぱ、四季に分かち、夜昼十二時に、おのおの双・黄・一越・平・盤の、その時々にあたれり/花鏡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の時の調子の言及

【雅楽】より

… 調子は季節,月,時刻に応ずるものとされており,春は双調,夏は黄鐘調,秋は平調,冬は盤渉調といった習慣的な結びつきがある。これを〈時の調子〉という。調子はまた一定の情緒や状況とも関連づけられることがあり,たとえば盤渉調は深い哀しみをたたえた調子であるとされ,葬礼などで奏されることが多い。…

※「時の調子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時の調子の関連情報