時は金なり(読み)ときはかねなり

ことわざを知る辞典「時は金なり」の解説

時は金なり

時間は大切なものであり、金銭と同等の価値がある。だから、時間をむだに費やしてはならない。

[使用例] 時は金なりということを申します。時間は正確がよろしいようで。今は二十四時間、昔は十二とき[春風亭柳橋*高座五十年|1958]

[解説] 英語のことわざ、Time is money.の翻訳。移入後しばらくは訳語も一定しませんでしたが、しだいに「時は金なり」が定訳となりました。また、修身教科書などでベンジャミン・フランクリンの成功談とともに引用されることによって、時間を大切に刻苦勉励すれば成功し、富貴が得られるという日本独特の解釈も生まれました。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「時は金なり」の解説

とき【時】 は 金(かね)なり

(Time is money の訳) 時間は貴重であり有効なものであるから、むだに費やしてはいけない。時間の尊さを教えた格言
※国民経済講和‐乾(1917)〈福田徳三〉一六「左様申せば時(トキ)は金也(カネナリ)といふ言葉なども俗悪極る思想であります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時は金なり」の解説

ときかねなり

Time is money.》時は貴重であるからむだに過ごしてはならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android