コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春風亭柳橋 シュンプウテイリュウキョウ

2件 の用語解説(春風亭柳橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅんぷうてい‐りゅうきょう〔‐リウケウ〕【春風亭柳橋】

[1899~1979]落語家。初世。東京の生まれ。本名、渡辺金太郎。昭和5年(1930)柳家金語楼らと日本芸術協会を設立。古典落語ラジオで紹介した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春風亭柳橋
しゅんぷうていりゅうきょう

落語家。5代までは麗々亭(れいれいてい)と称した。

麗々亭初代

(?―1840)初代船遊亭扇橋門下。人情噺(ばなし)の祖と称した。柳派の開祖。[関山和夫]

麗々亭2代

生没年不詳。初代門人。柳舎、柳女、昔々亭桃流(せきせきていとうりゅう)を経て柳橋。[関山和夫]

麗々亭3代

(1827―94)本名斎藤文吉。滝川鯉(たきかわり)かん門下で鯉の助(こいのすけ)。2代柳橋に従い昔々亭桃流から3代襲名。のち春錦亭柳桜(しゅんきんていりゅうおう)と改名。人情噺の名人で、『髪結新三(かみゆいしんざ)』(白子屋政談)はとくに有名。[関山和夫]

麗々亭4代

(1860―1900)本名斎藤亀吉。3代の長男。道具入り人情噺を得意とした。[関山和夫]

麗々亭5代

(1873―1923)本名斎藤久吉。4代の実弟。座り踊りが好評。関東大震災で死亡。[関山和夫]

初代

(1899―1979)本名渡辺金太郎。4代春風亭柳枝門下で、柳童、枝雀(しじゃく)、柏枝(はくし)、小柳枝を経て、1927年(昭和2)柳橋を襲名、5代までの麗々亭を春風亭と改めた。30年日本芸術協会を創立し、『時そば』などで人気を集め、NHKの「とんち教室」をはじめマスコミでも活躍した。2代(1935―2004)は本名駒木根正男。3代桂三木助(かつらみきすけ)門から初代門下となり、愛橋、柏枝を経て82年(昭和57)2代目を襲名。[関山和夫]
『渡辺金太郎著『高座五十年――伝記・春風亭柳橋』(1998・大空社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

春風亭柳橋の関連キーワード赤い鳥リジェンダー緯度変化松原のぶえ白都真理長谷川真弓不条理日記SF映画日雇労働者童謡誌おてんとさん

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春風亭柳橋の関連情報