コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時任謙作 ときとう けんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

時任謙作 ときとう-けんさく

志賀直哉の小説暗夜行路」の主人公。
青年期になって自らが母と祖父との過失から生まれたことを知る。直子と結婚するが,留守中に直子が従兄の要と間違いをおこしたことを知らされる。気持ちを整理するために大山(だいせん)にのぼり,大山の自然を前にすべてをゆるす境地になる。小説は大正10年から「改造」に発表。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

時任謙作の関連キーワード志賀直哉(年譜)志賀直哉青年期

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android