時計皿(読み)トケイザラ

世界大百科事典 第2版の解説

とけいざら【時計皿 watch glass】

化学実験用その他に用いられる円形のガラスで,腕時計あるいは懐中時計などについている指針保護用ガラスぶたに似た形をしていたので,このようによばれている。小さいのは数cmぐらいから,大きいのは30cmぐらいまで各種のものがある。標準的には球面の一部を円形にきりとったものである。化学実験で,ほこりを防いだり,サンプルの乾燥,簡単な点滴分析やテストなどに便利なので,きわめて普通に用いられる。【中原 勝儼】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とけいざら【時計皿】

理化学実験に使用する、直径約2~20センチメートル くらいの時計のガラス蓋の形をしたガラス皿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とけい‐ざら【時計皿】

〘名〙 化学実験・生物実験などで用いられるガラス製の皿。懐中時計などの文字盤を保護するために用いられているガラスとよく似た型のもの。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報