コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐中時計 カイチュウドケイ

デジタル大辞泉の解説

かいちゅう‐どけい〔クワイチユウ‐〕【懐中時計】

ひも・で帯やバンドに結びつけて、ふところやポケットに入れて携帯する小型の時計。たもと時計。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

懐中時計【かいちゅうどけい】

15世紀後半に出現した首に掛ける携帯時計が小型化したもの。クロノメーター開発の技術,レバー脱進機発明などが小型化と精度向上を促進。18世紀末ごろからヨーロッパで一般に使用され,腕時計出現まで流行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かいちゅうどけい【懐中時計】

ポケットやふところに入れて携帯する小型の時計。たもと時計。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懐中時計
かいちゅうどけい

洋服のポケットなどに入れて持ち歩く小型の時計。17世紀ごろ、男性の衣服にポケットがつくようになるとともに現れ、第一次世界大戦後、腕時計にその地位を譲るまで広く用いられた。この約250年の間に、懐中時計は航海や観測などのため正確な時計を求める当時の社会的な背景のもとで、構造、時間精度のうえで大きな進歩を遂げた。たとえばフランスのブレゲーAbraham Louis Breguet(1724―1823)が1802年に完成した機械部の直径63ミリメートルの時計――その完成を待たず1793年に断頭台に消えた注文者の王妃をしのんで「マリ・アントアネットMarie Antoinette」と名づけられた懐中時計――は、当時の技術を集成したものといえる。この時計は、鋼を必要としない部分はすべて金、自動巻きでおもりは白金、ぜんまい香箱二つを備え、巻き状態を指示し、閏年(うるうどし)調整不要の永久カレンダー、温度計、均時差、中三針、ストップウォッチ、そしていつでも何時何分までを音で知らせる引打ち装置までも備えていた。
 脱進機、調速機の改良、温度誤差排除への努力と並んで、限られた階級の所有物であった時計を大衆に普及させようという試みが、1867年スイスに定住していたドイツ人のロスコフG. E. Roskopf(1813―1889)によって行われている。この時計は装飾的要素をいっさい省き、構造を極度に簡素化し、当時の新しい考案であるピンレバー脱進機とぜんまいの鍵(かぎ)巻きにかわる竜頭(りゅうず)方式を進んで採用し、普通品の約4分の1の価格で売り出された。懐中時計は第二次世界大戦後、市場から姿を消したが、ピンレバー脱進機をもつウォッチはいまなお「ロスコフ」とよばれている。[元持邦之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の懐中時計の言及

【時計】より

… 日本語の時計に当たる英語はtimepieceであるが,ふつうはウォッチwatchかクロックclockのほうがよく使われる。ウォッチは腕時計や提げ時計(懐中時計)のように身につける時計をいい,日本ではこれを携帯時計と訳しており,一方,クロックは置時計,掛時計などと呼んでいる。 日本に初めて機械時計が渡来したのは,1551年(天文20),スペインの宣教師ザビエルによって大内義隆に献上されたのが最初とされている。…

※「懐中時計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懐中時計の関連キーワードセイコーホールディングス(株)ラ・ショー・ド・フォンウオッチポケットストップウォッチセイコー[株]鎖・鏁・鏈時計・土圭天府・天桴林家 彦六機械時計小沼 丹ウオッチハリソン辻善之助大野規周万年時計根付時計田中久重袂時計和時計

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐中時計の関連情報