コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時間反転 じかんはんてんtime reversal

翻訳|time reversal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時間反転
じかんはんてん
time reversal

古典物理学では,単純に時計を逆回転させることを意味する。ある現象時間反転したとき生じる現象とは,その現象を映画に撮り,フィルムを逆回転して得られる映像に対応する現象である。不可逆過程の熱力学を除いて,古典物理学の基礎方程式は時間反転に対して不変であり,これを時間反転不変性が成り立つ,または可逆性原理が成り立つという。量子力学で,古典物理学における時間反転に対応するものは,粒子の物理量や波動関数のなかの時間座標だけの符号を変える座標変換であり,始状態と終状態とが入替る。運動量角運動量 (スピンを含む) などは,時間反転によって符号を変える。時間反転は普通,1個の粒子がこれらの物理量の変化を伴って1個の粒子に変換されるものをさし,これをウィグナー型時間反転という。これに対して,粒子が反粒子に入替る場合は,シュウィンガー型時間反転と呼んで区別する。時間反転不変性は強い相互作用電磁相互作用では成り立っているが,弱い相互作用ではK中間子の崩壊過程においてこの不変性が破れていることが発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じかんはんてん【時間反転】

時間変数の符号を変える変換。 → 空間反転

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

時間反転の関連キーワードクローニン(James Watson Cronin)フィッチ(Val Logsdon Fitch)ホワイトホール(宇宙)ホワイト・ホール詳細釣合いの原理ホワイトホールローレンツ群熱力学の法則CPT定理クローニン不可逆過程フィッチ空間反転相反定理H定理パウリ反物質物性論熱力学陽子