コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時雨亭文庫(読み)しぐれていぶんこ

百科事典マイペディアの解説

時雨亭文庫【しぐれていぶんこ】

歌道の家冷泉(れいぜい)家典籍・文書類を伝存する文庫。名は藤原定家嵯峨野に営んだ山荘にちなむ。1981年冷泉家時雨亭文庫として財団法人設立。藤原俊成自筆《古来風体抄》(国宝),定家自筆《古今和歌集》(国宝),《明月記》(重文)などをはじめ,平安・鎌倉期の和家集の写本には流布本の祖本となったものも多く,和歌関係を中心に,所領関係文書,宮中儀式資料など,研究上きわめて貴重。《冷泉家時雨亭叢書》が順次刊行されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の時雨亭文庫の言及

【文庫】より

…ほかに菅原道真の紅梅殿,大江匡房の千種(ちぐさ)文庫,日野資業の法界寺文庫などがあったが,火災などで今日に伝わっていない。わずかに平安時代末期から京都冷泉(れいぜい)家に伝わった1200件余,約1万点にのぼる古文書類が伝存され,冷泉家時雨亭文庫として公開されている。鎌倉時代に入ると文庫を持つことができるのは武士階級となり,とくに北条実時から3代を費やして収集された金沢文庫,足利氏の創建した足利学校の文庫などが著名である。…

※「時雨亭文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時雨亭文庫の関連情報