貴重(読み)キチョウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ちょう【貴重】

[名](スル)とうとびおもんじること。非常に大切にすること。
「主人の尤(もっと)も―する命が」〈漱石吾輩は猫である
[形動][文][ナリ]非常に大切なさま。得がたいものであるさま。「貴重な時間を割く」「貴重体験

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きちょう【貴重】

( 形動 ) [文] ナリ 
非常に価値のあるさま。きわめて大切なさま。 「 -な本」
( 名 ) スル
大切にすること。重んずること。 「宝として-する/福翁百話 諭吉
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ちょう【貴重】

〘名〙
① (━する) 尊び重んずること。
※家伝(760頃)下「公従少時重三宝、貪聴妙法、願求仏果
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「主人の最も貴重する命があぶない」 〔史記‐陳軫伝〕
② (形動) (明治初期には多く「貴重の」の形で用いられた) 非常に大切であるさま。価値があるさま。
※古本説話集(1130頃か)二一「『かばかりのきてうの物は、いかでか』とて」 〔韓非子‐孤憤〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貴重の関連情報