貴重(読み)きちょう

精選版 日本国語大辞典「貴重」の解説

き‐ちょう【貴重】

〘名〙
① (━する) 尊び重んずること。
※家伝(760頃)下「公従少時重三宝、貪聴妙法、願求仏果
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「主人の最も貴重する命があぶない」 〔史記‐陳軫伝〕
② (形動) (明治初期には多く「貴重の」の形で用いられた) 非常に大切であるさま。価値があるさま。
※古本説話集(1130頃か)二一「『かばかりのきてうの物は、いかでか』とて」 〔韓非子‐孤憤

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「貴重」の解説

き‐ちょう【貴重】

[名](スル)とうとびおもんじること。非常に大切にすること。
「主人のもっとも―する命が」〈漱石吾輩は猫である
[形動][文][ナリ]非常に大切なさま。得がたいものであるさま。「貴重な時間を割く」「貴重な体験」
[類語]得難い珍重珍しい貴い稀有高貴大切重要異色異彩珍貴珍稀大事だいじ肝要肝心緊要枢要かなめきも肝心要有意義意義深い千金耳寄り掛け替えのない奇跡的奇しくも期せずしてまぐれたま未曽有空前絶後前代未聞不可思議

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「貴重」の解説

【貴重】きちよう

高貴で勢力がある。〔韓非子、孤憤〕そ塗に當るの人於けるや、~官貴重にして、衆(おほ)し。而して一國之れが爲に(ほ)む。

字通「貴」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android